bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

沖ノ島は神宿る絶海の孤島!そこは女人禁制の海の正倉院だった!

世界遺産

沖ノ島は神宿る絶海の孤島!そこは女人禁制の海の正倉院だった!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

沖ノ島は世界遺産候補

沖ノ島MAP

福岡県宗像市と福津市で共同提案した「宗像・沖ノ島関連遺産群」の中には、神聖な島として古代において対外交渉にかかわる祭祀が行われた沖ノ島がある。

遺産群としては、その祭祀にかかわった古代有力氏族の墳墓である新原・奴山古墳群などから構成される。

沖ノ島と三角縁神獣鏡のラピングバス

沖ノ島と三角縁神獣鏡のラッピングバス

新原・奴山古墳群ラッピングバス

新原・奴山古墳群ラッピングバス

宗像大社の宗像三女神(さんにょしん)

宗像大社

沖津宮(おきつみや)、中津宮(なかつみや)、辺津宮(へつみや、本土の宗像市田島)の宗像三女伸(さんにょしん)を信仰する宗像大社。

沖津宮は、田心姫神(たごりひめのかみ)が祀られている。

中津宮は、湍津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られている。

辺津宮は、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が祀られている。

宗像三女伸

宗像大社辺津宮社殿

辺津宮社殿

宗像大社沖津宮社殿 (沖津宮現地大祭)

宗像大社沖津宮社殿

なぜ沖ノ島に神が宿るの?

古代においては、東アジアの国々との交流が500年以上続いた。

当時、遠く海を渡って行う他国との交流は、大きな危険を伴ったため、海の守り神への信仰のため、沖ノ島で航海の安全や、他国との交渉の成就の祈願が盛んに行われたということ。

この祈願には当時の国家(大和政権)がかかわっていた。

沖ノ島の土器

2015年12月RKB・TBS系「又吉直樹 神の島を行く ~宗像大社と出光佐三~」に出演した芥川賞作家の又吉直樹。

海の正倉院

島には、8万点にも及ぶ奉納品が出土されており、海の正倉院と呼ばれている。中にはペルシャからの奉納品もあるという。

千数百年前の祭祀跡や、土器片がそのまま手つかずで残っているのは世界的にもめずらしい。

守り神はやがて、古事記や日本書紀にも記されている宗像三女神を祀るようになった。

祭祀を行ったのは胸形君(むなかたのきみ)、その墳墓が福津市の新原・奴山古墳群と言われている。

古代祭祀の移り変わり

岩上祭祀(4世紀後半~5世紀) 巨岩の上を神が降臨する場として祭祀を行う

岩上祭祀
沖ノ島の岩上祭祀

岩上祭祀が行われていた沖ノ島の巨岩に上る又吉直樹

岩陰祭祀(5世紀後半~7世紀) 巨岩がせり出し、影となった部分に祭壇を設けて祭祀を行う

岩陰祭祀

半岩陰・半露天祭祀(7世紀後半~8世紀前半) 徐々に岩の根本から離れた場所で祭祀を行う

半岩陰・半露天祭祀

露天祭祀(8世紀後半~9世紀) 完全に巨岩から離れて、平らな露天で祭祀を行う

露天祭祀

沖ノ島上陸心得

女人禁制のため、裸でみそぎをしないと上陸できない

みそぎ

              沖ノ島上陸心得

    沖ノ島は御神体島であり 島全体宗像大社の所有地であります
    また国の史跡及び天然記念物にも指定されておりますので
    上陸者は下記の事項を厳守して下さい

                 記

    一、遊山・魚釣り等を目的とする上陸は禁止します
    一、上陸者は直ちに社務所に届け出ること
    一、上陸者は古例により海水にて禊をし心身を清める事
    一、御神水以外の一木一草たりとも持ち帰ることを禁止します
    一、古くからの厳重な掟により婦女子の上陸を禁止します
    一、その他神社職員の指示に従って下さい

    宗像大社沖津宮社務所

宗像大社の神職が交代制(10日)でたった一人で島を守る。

沖ノ島

渡航するには?

5月27日の沖津宮現地大祭に参加するしか方法はない。

この現地大祭の本来の趣旨は、沖ノ島近海で繰り広げられた日露戦争の日本海海戦を顕彰(けんしょう:功績を広く知らしめる)するもの。

一昔前は、戦争に参加された身内の方が多かったが、近年は、世界遺産の暫定リストに登録されたことで関心持っている方が多い。

200名ほどしか参加できないようで、前日神湊から大島へ渡り安全祈願。翌朝、沖ノ島へ渡航し、海で禊(みそぎ)を行い、玉串(たまぐし)を上げる。

宗像大社社務所
0940-62-1311

みあれ祭~それは勇壮な海の絵巻物

豊漁や海の安全を祈願する宗像大社の海上神幸(かいじょうしんこう)

宗像大社みあれ祭

世界文化遺産登録を目指す沖津宮(沖ノ島)と中津宮(大島)、辺津宮(本土の田島)に祭られた三女神が年に一度、辺津宮にそろう神事。

沖津宮と中津宮の神体を安置した神輿(しんよ、御輿みこし)を海上にて移動し、本土の宗像大社にある辺津宮にお迎えする。

宗像大社みあれ祭

出光佐三と宗像大社

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議と沖ノ島の視察

伊藤英明 ナビゲーター 宗像大社・前篇 1

伊藤英明 ナビゲーター 宗像大社・前篇 2

伊藤英明 ナビゲーター 宗像大社・前篇 3

伊藤英明 ナビゲーター 宗像大社・後篇 1

伊藤英明 ナビゲーター 宗像大社・後篇 2

伊藤英明 ナビゲーター 宗像大社・後篇 3

伊藤英明 ナビゲーター 宗像大社・後篇 4

みあれ祭・海上神幸 海上パレード 2014 福岡県宗像大社

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ